ワードプレスのテンプレート ビジネスで使うなら・・・

[ワードプレス] ブログ村キーワード

こんにちは、たーくんです。

ワードプレスをビジネスに活用する際には、テンプレート選びは無料でも有料でも重要です。

例えば、

  • 内的SEO対策が施されている事
  • レスポンシブ対応で、スマホ最適化されている事
  • デザイン性に富み、カスタマイズしやすいもの
を選ぶようにして、検索エンジンだけでなく、訪問者からも喜ばれるサイトを手間をかけずに育てるようにすると、良いかと思います。


私のブログですが、こちらのWEBライダーの松尾様監修のテンプレートを使用しています。


こちらのテンプレートの魅力と言い出すと、書ききれないほど多いですが、主に私が好んでいる点をいくつかピックアップさせて頂きますと、

  1. テーマは4つ(コーポレート、ヘルシー、プリティー、マネー)があり、最低限のデザインが整っている。
  2. hタグ、ヘッダー、フッター、グローバルメニューなどカスタマイズしやすい。
  3. ソースは軽く、metaタグやh1タグなど、内的SEOに必要な最低限のものが揃っている。
  4. レスポンシブ対応、スマホユーザビリティも意識されたカスタマイズしやすい設計。
  5. 付属でついている、内的・外的SEOのマニュアルは、下手なSEO攻略本よりも秀逸である。

とにかく、挙げだすとキリが無いですが、賢威テンプレートは有料ですが、とてもオススメです。



ビジネスであれば、有料テンプレートでも恐れずに購入する方が良い。


アフィリエイターの格言と言っても良いかもしれませんが、無料ブログ、HTML、ワードプレス、MTなどのテンプレートはいくらあっても困る事が無い。

↑ この点は、また別の機会にお話したいと思います。

とも言われていて、賢威をメインサイト用に使い、他のテンプレート、無料のテンプレートなどは被リンク用に使うなどでも出来ますので、有料テンプレであっても、いくらあっても困ることは無いのかな??という印象です。


また、無料のテンプレートは、所詮無料であるといえるところもあって、「広告が出るケース」もあれば、ひどい場合は「ウィルスが紛れ込んでくるリスク」もありますので・・・

そんな事を考えると、とても怖くて使えないので、私はあまり無料版は使わないようにしています。


特にビジネスでブランディングしたり、商品の決済などを行う可能性があるサイトにおいて、自社だけの問題でなく、お客様にも迷惑がかかる事があっては、本末転倒だと思いますので・・・

私の考えでは、ビジネスだからこそ、少々のお金をかけてでも、テンプレートにはこだわり、ユーザビリティの高い、そしてセキュリティも高い、信頼されるサイト作りをする事は大切なのでは無いかな??と思います。



賢威テンプレートで最低限設定したい項目

最後に、賢威テンプレートを購入されている方、今お持ちの方向けに最低限設定したい点を紹介したいのですが、


keni01

賢威の設定内、「サイトタイトル」、「サイトの簡単な説明」、「サイト共通のメタキーワード」は、metaタグと連動しますので、設定しておきましょう。

次に、トップページの設定内、「トップページのH1タグ用テキスト」もサイト全体のh1として、設定しましょう。


そして、個別記事については、

keni02

キーワードには、個別記事で狙っているキーワードを、関連記事設定で、ユーザーの興味を持ちそうな記事を並べるようにする事が大切です。

賢威は、テンプレートにこの設定がデフォルトになっている点が、個人的には一番気に入っている点と言っても過言ではありません。


あとは、足りない部分に関しては、プラグインやパーマリンクの設定、メニュー設定、テーマ編集でカスタマイズしていく事になりますが、「賢威 カスタマイズ」で検索すると、たくさんのカスタマイズ例が出てきますので、とても参考になると思いますので、ここでは割愛しておきます。


長文になりましたが、お読み頂き、有難うございます。

夢は逃げない、逃げるのはいつも自分だ」  たーくんより。



※ブログランキングに参加しています、良ければ応援よろしくお願い致します。

にほんブログ村 経営ブログへ  にほんブログ村 グルメブログ 大阪食べ歩きへ

にほんブログ村 ファッションブログ おしゃれ(ファッション)へ  


※Facebookやってます。

▼個人のアカウント >本田貴裕のアカウントは、こちらです。

※友だち申請の際には、お手数ですがメッセでお知らせ下さいませ。
(メッセが無い場合は、大変申し訳無いのですが、承認しておりませんので、ご理解下さい。)

▼株式会社GUDのFacebookページ >公式Facebookページは、こちらです。


※Twitter(ツイッター)、個人アカウントはこちら
↓ ↓


【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ