ドクターエア ストレッチロール 口コミや効果のほどは??

先日、イオンに行った時ですが、新しい店舗が入っていまして店舗のお兄さんに営業をされて、購入に至ったのが、ドクターエアさんの商品です。

その時に購入したのが、ドクターエアさんの「3Dスーパーブレード」と呼ばれる商品なのですが、こちらは7月に再入荷予定という事で、今はまだ入荷待ちです。


そのお詫び?と言いますか、穴埋め的なキャンペーンで、「ストレッチロール」をプレゼントしてくれるという事で、18,000円相当の商品が手に入るという事で、思わず購入してしまいました(笑)


ストレッチロールですが、ドイツのヘルスケアツールメーカーMEDISANA(メディサナ)と、ドクターエアが共同で開発した、エクササイズ器具です。

ロール部分が、高速回転し、エクササイズ、インナーマッスルを鍛えるのに使ったり、筋トレのサポートに使ったりされるようです。


スペシャルアドバイザーには、メジャーリーグで活躍する上原浩治選手が就任されていて、日頃のケアにも使っているんだとか。

これから使用して、口コミや効果の程を更新していきたいと思いますが、まずは写真などを撮りましたので、紹介したいと思います。

梱包の様子。

ドクターエア ストレッチロール

IMG_20160622_093242

こんな感じで、やってきました。


IMG_20160622_093401

開封すると、ストレッチロールの一部が見える感じです。


IMG_20160622_093438

早速、箱を空けてみました。


IMG_20160622_093536

本体、説明書と保証書、ACアダプターが付属していました。


振動は4段階に分けられるようで、

  • レベル1 2,300回/分
  • レベル2 2,700回/分
  • レベル3 3,100回/分
  • レベル4 3,700回/分

の速さで、振動します。


この振動ですが、筋膜のリリースが目的のようで、筋肉同士の癒着があると、筋肉同士の干渉があるため、使用率が低下し、結果的にパフォーマンスの低下を招きます。

この筋膜リリースをきちんと行い、筋肉の柔軟性を取り戻させ、身体の可動域を拡げる事が出来れば、スポーツのパフォーマンスを向上させる事にも繋がるので、オススメです。


早速、動かしてみて、一人で無謀にも動画撮影に挑みました(笑)





あまりの振動に、動画撮影が困難になりましたので、一人で撮影するのは止めておきます(笑)

次回は、「3Dスーパーブレード」が届いた時に、一緒にレビューをしたいと思います。


ではでは、また書きます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ