沖縄旅行 2月 子連れで観光とリッツカールトン沖縄へ

こんにちは、たーくんです。

先日、家族を連れて沖縄旅行に行ってきました。

と言いますのも、Facebookで公開しているのですが、2月4日が結婚記念日(11年目)、5日が息子の誕生日。

という事で、節分を合わせると、我が家の3夜連続のイベントが続くのです(毎年、ここは大変ですw)


そんな中、何かお祝いを・・・

という事で、息子へのお誕生日プレゼントは渡すんですけど、結婚記念日は毎年おざなりになってきたところがありますので・・・ここで10年という節目を迎えてお祝いをしておこうと考え、思い立ったかのように「暖かいところに旅行に行こう」と行ったのが1月上旬の話。


バタバタで予約・・・

という事はせず、ボクの場合は頼りになるコンシェルジュが居るんです。

と言っても、雇用しているわけでもなく、必要な時に必要なだけ出てきてくれる、とても便利な「コンシェルジュサービス」の方なんですけどね(笑)


ボクは、JCにいる事もあって多少の優待を受けられる立場にはあるんですけど、その一つがこのダイナースカードのpremium(プレミアム)会員です。

IMG_1237

IMG_1238

裏面に載っているプレミアムデスクというところに電話をかけると、こちらで探したいものを探してくれたり、希望のプランを提案してくれたりします。


ボクの場合は、沖縄旅行でおすすめのホテルをいくつかピックアップしてほしいという事でお願いしたのですが、

  • ザ・ブセナテラス
  • カヌチャベイホテル&ヴィラズ
  • ジ・ウザテラスビーチクラブヴィラズ
  • ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄
  • ザ・リッツ・カールトン沖縄
などなど、名だたるホテルをチョイスしてきたのです・・・(汗)


もう少し下のランクでも良かったんだけどな・・

と一瞬思ったんですけど、せっかくの提案だし、何より沖縄旅行に初めて行くのにリゾートホテルは一流のところには泊まりたいよなーという事で、予算とにらめっこした結果、「ザ・リッツ・カールトン沖縄」に決定しました。


しかも、ダイナースカード優待で、

・ご朝食付きのプランをベストアベイラブルレートでご案内
・ご滞在中ヒートエクスペリエンス(スパ棟温浴施設)無料(16歳以上)
・スパトリートメント10%off(16歳以上)

が付いてきましたし、さらに当日一段上のグレードのホテルに変更してくれました♪

(そのままでも良い部屋だった事は間違いないと思うのですが、結婚記念日だし息子の誕生日だし、ありがたやー・・)


話の流れで、先にリッツカールトンの写真をいくつかご紹介させて頂きますが、

リッツカールトン沖縄 入り口

リッツカールトン沖縄 玄関

リッツカールトン沖縄

リッツカールトン沖縄

リッツカールトン沖縄 部屋

リッツカールトン沖縄 部屋 天井

リッツカールトン沖縄

リッツカールトン沖縄

リッツカールトン沖縄

リッツカールトン沖縄 外

こんな感じのリゾートホテルで、ホテルに隣接したゴルフ場もありました。


ボクの止まった部屋から屋外プールまではドア一つで繋がっていて、冬はクローズドですが、夏にはプールで一日過ごすのもありじゃ無いかなーと思います。

今回のプランは、朝食付きという事で、バイキングを頂いたたのですが、和食、洋食、デザートも豊富な種類があり、子どもも大喜び。

リッツカールトン沖縄 朝食

リッツカールトン沖縄 朝食

リッツカールトン沖縄 朝食

リッツカールトン沖縄 朝食


そして、子どももリラックス。

(娘の良い感じの写真が、写メの中に無いので出せないのが残念・・・)

IMG_121602

といった感じで、リッツカールトン沖縄を満喫したのですが、チェックインしたのが20時過ぎ、チェックアウトは12時まであったけど、飛行機の兼ね合いもあり11時過ぎにはチェックアウトしたので、このあたりのタイムマネジメントをもう少しして、ゆっくりしたかったなぁ・・・

というのが本音かも知れません(笑)


あと、妻は優待の「ヒートエクスペリエンス(スパ棟温浴施設)」を使ったのですが、ボクは利用出来ませんでしたので・・・

これは残念でした。

また、行った時にはスパなりマッサージなり、何かしらサービスを受けたいものです。

リッツカールトンは、子連れで行っても嫌な顔をしないですし、何よりサービスを一生懸命考えてくれている感じがして、大阪と一緒で心が快になる感じがありますので短い滞在時間でしたけど、とても癒やされました。



子連れの沖縄旅行、ひとまず定番の観光地巡りへ

さて、話は前後しますけど、リッツカールトン沖縄に泊まる前の行動ですが、那覇空港に降り立ってから、まず駅前のモノレールから首里まで向かいました。

そうです、最初に首里城を見に行こうと思ったのですが、その前に首里でランチを・・・という事で頂いたのが、「沖縄そば」です。

ソーキそばと呼ばれたりする事もあるのですが、

首里そば

首里そば ジューシー

沖縄版ラーメンみたいなものですけど、あっさりしてとても美味しい♪

大、中、小とあるんですけど、子どもなら小で十分でしょう。

と言うのも、下の画像でもあるジューシーを一緒に頼めばOKだからです。


このジューシー、沖縄の炊き込みご飯みたいなものなんですけど、子どもたちは大喜び。

当日の夜、翌日、最終日と、毎日ジューシーを頂いてました(笑)



首里城

お昼を頂いてから、次は首里城へ移動。

徒歩で15分前後駅からかかりますので、駅チカにあるレンタサイクルを借りるのも良いかもしれません。


あと写真を撮り忘れたのですが、世界遺産とされている「玉陵」。

こちらは資料館を見てからいかないと、正直何が起きているか分からないです(笑)



夜は、那覇市内のホテルで宿泊、国際通りをブラブラとしてきました。

お土産巡りをしたわけですけど、思いの外子どもや妻は大喜びで次々とお土産を購入していく(笑)

結局、めっちゃ買い物してるやん・・・(汗)

ってくらいお土産を買ってました。


そこから、夜はライブをしているという居酒屋さんに入り、

昭和村

沖縄 ハンバーガー

夜食でハンバーガーを食べたり(笑)

一日目を楽しく終えて、二日目は子どもたちも楽しみにしていた「美ら海水族館」へ。


美ら海水族館までは、レンタカーで那覇市内から約2時間ほど。

その前にハートロック(ハートの形をした岩)で有名な「古宇利島」へ行きました。


海がとっても澄んでいて、大阪にいる人からすると、

「この海だけでも、十分沖縄に来る価値あるやん」ってほどです。


古宇利島

ハートロック

今思い返せば、子どもが一番喜んだのは、水族館でもなく、ここで海に足をつけている瞬間だったかも??

って思うくらい、とても澄みきった海に感動、そして楽しそうにはしゃいでいました。


そして、ハートロック。

ここに行くまでが大変ですが・・・行き着くと恋人で行くなら最高のロケーションだと思います。


そこから、花人逢 (かじんほう) でピザを頂いてから、美ら海水族館へ。

沖縄旅行 青空

沖縄 花人逢 (かじんほう)  メニュー

沖縄 花人逢 (かじんほう) メニュー

沖縄 花人逢 (かじんほう)


美ら海水族館

美ら海水族館 ジンベエザメ


たくさん遊んできてから、リッツカールトン沖縄の近くの居酒屋で食事をしてから、先程のリッツカールトン入り。

という流れでした。


二泊三日と限られた時間ではありましたが、子連れでも十分楽しめる内容でしたし、観光をメインにしたのですが、夏に来て今度は海水浴やリッツカールトン沖縄のプールを楽しんでみるのも良いかなー♪

というのが、今の気持ちです。



結婚記念日、そして息子の誕生日に。。

少しでも記憶に残る、楽しい旅だったらいいなーと思います。



次は、妻の誕生日の7月にでも・・・

再び沖縄旅行に戻ってくる事を祈念して・・・ここらで沖縄旅行記を閉めたいと思います。



長文お読み頂き感謝、有難うございます。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ