VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)のリュックサック購入!私的な口コミレビューを書いてみました

こんにちは、たーくんです。

久しぶりのブログ更新ですが・・生きていました(笑)

 

昨日は、PTA会長として学校のお花プロジェクトを見学してきましたが、大阪にも寒波到来・・という事で、ほんと寒いですね・・(;・∀・)

ある方のメルマガを読んでいると、北海道では一面銀世界が広がっているんだとか。

日本全体が冷え込んだ一日では無いでしょうか。

 

今日も引き続き寒いようですが、今日は青年会議所の委員会日という事で、残念ながら外出デーです・・

車での移動は駐車場探しだったり、お酒が飲めなかったりするので、もっぱら移動は自転車を使う事が多いです。

そのため、スーツでない限りは、基本はリュックサックで移動する事が多いのですが、今までARC’TERYX(アークテリクス)を使ってきたのですが、さらに完全防水のタイプが欲しいなーという事で探していたところ・・

アウトドアブランドではなく、マニアックなブランドにたどり着きました。

それが、今回記事にさせて頂こうと思っている「VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)」という香港生まれのブランドです。

 

このブランドとの出会いと言いますか、知ったきっかけは??と言いますと、ネットサーフィンをしている中で、2017年9月に東京ビッグサイトで開催された「東京インターナショナル・ギフト・ショー2017」というイベントの記事やクラウドファンディングからです。

実は、VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)は、サイバーエージェントが運営するMakuakeでクラウドファンディングに出していて、海外のメディアが取り上げている「常識を覆す完全防水のバッグ」といして紹介されています。

 

その記事が目に止まって、興味を持ちはじめて、「完全防水だし、しかもダメだったら返品も出来るから使ってみよー」という事で購入しました。

IMG_3983_R
 

VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)の特徴

VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)が、海外でも人気の理由には、いくつかの理由がありますが、大きな理由が「ビニール素材を使わずに完全防水が実現、高級感溢れるデザインである」というところです。

今までの防水バックと言うと、ビニール素材で作られていたものが多く、日焼けしたり、劣化で硬くなったり、ヒビが入ったりする事もあったのですが、これはビニール素材(PVC)を使ってきたからという理由があります。

 

しかし、VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)では、TPUという素材を使う事で、ビニール素材の独特な質感はなくなり、見た目も防水バックとは分からないデザインにも優れたバックに仕上がっています。

VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)
VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)

また、裏地までしっかりと防水加工をされていますので、バックそのままで洗濯する事も出来ます。

IMG_3986_R
中に付いている付属品は、マジックテープで取り外し出来ますので、取り外してあとはそのまま洗濯すればOKです。



また、バッグも持ち運びが可能なように小さく折りたたむ事も出来ますし、専用のケースもあります。

VICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)
こちらのケースに入れて旅行先に持ち運べば、旅行先でも重宝される事間違いないかと思います。


実際の使いみちとして、通勤用のバッグとしては重宝できますし、ファッション性の高いデザインのため、そのまま街で使用していても、決して浮くような事は無いですし、マリンスポーツ、ウィンタースポーツ、ジム通い、アウトドアのカバンとしても使えるのが特徴です。

どんな場面でも使えるVICIOUSVENOM(ヴィシャスヴェノム)の完全防水バッグ。

あんまり防水バックにファッション性を求めてこなかった・・・という機能性重視の方でも、けっこう満足してもらえるバッグでは無いかな?と個人的には思っています。

今後、2年、3年で流行ってくるブランドになるかな??とひそかに注目していますし、もし流行ったら、先行して利用していたという事で自分を褒めてやりたいと思います(笑)

→ VICIOUSVENOM公式サイトはこちら

ではでは、また書きます。


【追伸】やっぱり今年流行ってきましたね。

ケープハイツは来ると読んでいましたけど、やっぱりきてますよ♪
→レビュー記事は、レディースダウンコートメンズダウンコートを合わせて参考にして下さい。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ