花粉皮膚炎が原因だった?アレルギーによる肌荒れやかゆみの対策法は?

もはや国民病とも称される花粉症、多くの方が2月後半から4月上旬にかけて花粉症の症状に悩まされている事かと思いますが、実は肌荒れやかゆみなど花粉症の症状と合わせてアレルギー症状が出てくるのも、実は花粉が原因だったという事は、あまり知られていないようです。

花粉が原因で肌に様々なアレルギー症状が出る事を総称して「花粉症皮膚炎」と呼ぶそうですが、ここでは花粉症皮膚炎による諸症状やアレルギー症状で現れやすい肌荒れやかゆみといったものに対して、どうやって対策すれば良いのか?についてまとめていきます。

 

花粉症皮膚炎と症状について

花粉症 症状
はじめに、花粉症皮膚炎についてまとめておきますと、花粉症皮膚炎は花粉症の時期に発生する肌荒れの症状でいわゆる花粉症の症状(鼻炎、結膜炎、咽頭炎など)が見られない人でも起きる症状のようです。

特徴としては、

花粉が飛散する時期にあたる春先だけに起きる皮膚炎で、花粉が肌に触れる事で肌やまぶたが赤く腫れたり、発疹がでたり、ブツブツが出てくる事もあるそうです。

 

花粉症皮膚炎の治療

花粉症 治療
花粉症皮膚炎の治療は、通常の皮膚炎の治療と変わりなく、ステロイド剤による外的な治療と抗ヒスタミン薬・抗アレルギー薬など痒みを抑える薬を服用する内的な治療がありますが、通常の皮膚炎と違って花粉と接触する事が一番の原因になりますので、花粉と接触しないようにするのが一番になります。

 

花粉症皮膚炎を防ぐには、一般的には花粉症の症状を緩和するように考えられる全ての事が当てはまりますが、羽鳥慎一さんの朝番組モーニングショーで紹介されていたのは、
  • 洗濯をこまめに、布団やシーツを洗う、外に干す場合は花粉を払ってから取り込む
  • 肌に直接触れるものは部屋干しで
  • 肌バリアを守るためのケアとして、化粧水や洗顔の徹底
という当たり前の事かもしれませんが、紹介されていました。

 

花粉症を抑える洗濯のコツ

最初に花粉症を抑えるのに、選択をこまめに行うという事を紹介しましたが、「静電気や干す時間に気をつけるだけで症状が緩和」した方がいるそうです。

具体亭には、静電気が発生する衣服なのかどうか?がポイントになるそうで、洗濯する時に柔軟剤を使用して洗濯する事で静電気を抑えることが出来るそうです。

花粉症 柔軟剤
 

続いて、干す時間を気にしてみるという事についてですが、洗濯物が濡れた状態だと花粉が付着しやすい状態になっているので、花粉の飛散量が少ない時間帯に外干しするのがオススメだそうです。

花粉症保険マニュアルによると、都市部では11~14時、17~19時が一番飛散しているそうで、洗濯物を干す時間を逆算すると朝7~8時ごろ、夕方15時過ぎ、夜20時以降で干すのが理想かもしれませんね。

 

また、干せる種類によっては外干しを避けて部屋干しがオススメですが、部屋干し臭が嫌な方もいらっしゃると思いますので、部屋干し臭対策として抗菌効果のある洗剤を使ったり、干し方を工夫して乾燥時間を短くするなども取り入れてみてはいかがでしょうか。

花粉症 部屋干し
 

肌バリアを守るための化粧水や洗顔の見直し

最後のポイントとして、通常の皮膚炎と同じように花粉によって肌バリアが弱まっている状態が花粉症皮膚炎で、皮膚が赤く腫れ上がったりする症状に繋がっているので、普段使っている化粧品や化粧水、そして洗顔に関しても見直しした方が良いそうです。

まずは、普段使っている化粧品や化粧水が肌に合っているものか、花粉症の時期に合わないものになっていないか?洗顔をする場合も必要以上に肌の表面をこすり過ぎていないか?など注意を向けた方が良いでしょう。

 

洗顔は、手洗いと一緒に帰宅時に合わせて行った方が効果的だと言われていますが、肌バリアを壊すような必要以上に強力な洗顔石けんを使用したり、ゴシゴシと表面をこするような事がないように注意が必要です。

また、洗顔のポイントとして、洗顔で拭き取るのは顔だけでなく、
  • 髪の生え際
  • 小鼻の脇
  • フェイスライン
にも意識を向けるようにしましょう。

 

肌を守るために日常生活も気をつけましょう

肌ケアと合わせて、モーニングショーでも紹介されていましたが、肌の健康を保つために
  • 睡眠をしっかりと取る事。
  • ストレスを溜めない事。
  • バランスの取れた食事を取る事。
と日常生活に気をつける事にも触れていましたが、当たり前の事ですがお肌のケアと合わせて紹介させて頂きました。

 今人気の保湿ケアが割安でお試しできます!

→ リピート率98,5%の薬学博士が開発した高保湿ケアのお試し7日間のセットはこちら
 

その他の花粉症皮膚炎の症状を緩和する方法

花粉症 かゆみ
その他に一般的な花粉症の症状緩和をするための方法として、
  • 空気清浄機を付ける。
  • 外出時にはマスクやメガネを着用する。
  • 帰宅時の手洗い、うがいを徹底する。
  • 帰宅時には、部屋に入る前に花粉を落としてから入るように徹底する。
などが挙げられます、地味な事ですが効果的な方法ですので、是非とも取り入れて頂ければと思います。

 

花粉症皮膚炎の対策に関するまとめ

モーニングショーでも言っていましたが、花粉症対策こそが花粉症皮膚炎の対策そのものだという事です、一番の対策は「花粉に触れない事」と言っていましたが・・

個人的な意見としては、普段の生活を送る中でスギなどに自ら近づいていき花粉に触れるような行為をする事は考えにくい・・と思うのです。

(仕事で造園を営んでいる方、土木建築系の仕事であれば致し方ないところはあると思うのですが・・・)

 

花粉に触れずに済む日常生活の中で、それでも花粉に触れないようにケアするという意味で捉えるのであれば、先程も紹介したように、皮膚の露出をなるべく減らす事とくに顔の露出を減らすことが一番になると思いますので、先程の洗顔のところでも触れた通り、花粉の付着を取り除くポイントとして
  • 生え際
  • 小鼻の脇
  • フェイスライン
はしっかりと洗顔で花粉を拭き取るように意識してみて下さい。

コメントを残す