web マーケティングと集客についての弊社の考え

WEB集客において、当社が最も大切にしている要素とも言えるのが、「WEBマーケティング力」です。

当社では、「GUDにおける、集客の三種の神器」と呼んでいるものがあり、先にそちらから紹介させて頂きます。

GUD 集客 三種の神器

  • マーケティング
  • コンテンツ
  • デザイン
当社では、上記の通り位置づけています。

 

jingi
どれも欠く事ができないキーワードですが、すべてをいきなり用意する必要があるともとは私は考えていません。

当社では、優先順位として、「マーケティング」 → 「コンテンツ」 → 「デザイン」の順番で導入すれば良いと考えていますし、当社が一番強みを発揮する「マーケティング」を最も重要と考えています。

しかし、一方でどれだけマーケティングが上手にいっても、それだけでは「絵に描いた餅」のようなものですから、サイト内には「コンテンツ」が必要で、「デザイン」が必要となってきます。

そのため、極端な意見になりますが、もし、当社でコンテンツを作成できない、デザインを良くする事が出来ない場合ですが、外注化する事である程度の対応が可能なのでは無いかと思っています。

しかし、マーケティングに関して言えば、マーケッターの能力に大きく成果が関わってきますし、代わりの効かないものだと基本的には感じております。

もちろん、マーケティングで初期設定まで終えてしまい、それらをマインドマップのような形でイメージを拡げきっていれば、そこからは基本的には修正以外は必要ありませんので、当面は不要とは言えますが、WEBサイトを制作する、最初の6ヶ月程度までは最低でもマーケッターが必要だと、弊社では考えています。


Webマーケッターの仕事とは??

Webマーケッターの仕事についてですが、当社では以下のような業務があると考えています。
  • 見込み客を集めるアイデアを提供する。=アクセスを集める
  • 見込み客を呼びこむ集客経路を作る。=露出経路を作る
  • 見込み客をお客様にするための工夫を施す=コンバージョン率を上げる
端的に言えば、WEBメディア、コンテンツを用意し、「多くの方の目に触れるように用意する事で、アクセアップを目指す事で、売上の向上を目指す」事が、Webマーケッターの仕事です。

例えば、砂漠の中に、ジャングルの中にイオンを建設しても・・・需要がなければ売上を伸ばす事は困難でしょう。

659064b5cdaed325dd6e19bb1ec942d9_s_R
 

少し現実離れした話になっていますので、日本に置き換えて考えた場合ですが、例えばイオンのような大型施設の場合は、郊外においても、ブランディングや認知度があるため、売上を上げる事ができます。

しかし、同じようなイオンを田舎の緑豊かな土地へ誘致したとしても、
  • 周囲の人口そのものが少ない。=見込み客が少ない
  • イオンまでのインフラ(道路など)が整っていないので不便。=導線ができていない)
  • そもそもイオンには近隣の住民が欲しいと思う商品が少ない。=コンバージョン(売上)にならない。
という事が起きる可能性があります。

5afb966315811b7506d2133c3470176c_s_R
 

当社では、アフィリエイト事業で培ったノウハウの数々で、集客経路の提案をクライアント様に合わせて提案させて頂くようにしています。

そのため、必ずしも「検索エンジン(GoogleやYahoo!など)」から集客する事を主目的とはしていませんし、ビッグキーワードなどで上位表示を目指す事だけを目的にしていません。

この点についての詳細は、トップページでまとめていますので、一緒に一読頂けると幸いです。


GUDの提案するWEBマーケティングのまとめ

  • いわゆるSEOについては、必要に応じて提案させて頂いております。
  • 見込み客となる検索キーワード選定をクライアントと一緒に行い、過度なSEOに頼らないサイト構成の提案を行います。
  • 現状よりも、売上げアップを行える、コンバージョンしやすいサイト構成や誘導を提案致します。

コメントを残す